fc2ブログ

■■■ コンテンツ & リンク ■■■   プロフィール  ■   イラスト保管庫  ■   pixiv  ■   FANBOX  ■

リンクはめがっさフリーよ。どんどん張って剥がして!
※事後、事前共に承諾必要ないです。

個人的に群青ピズを支援したい方はこちら

光を受けて輝くなら紙の月でも

はいどうも、群青ピズです。

立冬も過ぎ、肌が乾燥し末端が冷える季節がやってきました。
如何お過ごしですか。

僕はキャッシュになる仕事が全然なくて、貯金切り崩しながら生きております。



さて、そんな寒い季節のホットな話題。

私がマンガボックスにて連載していた、パレニアルという作品。
今まで電子書籍でのみ単行本が発刊されていました。

なんとそれが紙の単行本として発売されます。

そうです。
コアミックス ゼノンコミックスBDレーベルより、
令和3年11月20日に1,2巻が同時発売されます。

パレニアルは全5巻なのですが、3巻以降は
12月から1か月毎に発売される予定です。

紙で発刊するにあたり、ほんのちょっとだけ書き下ろし作業があって
(表紙裏の立ち絵とか)
その辺の作業は5巻分終わっているので、
販売計画として倒れない限り全巻発売されると思います。


あと関係ないけど、上の画像はさっき言った
単行本書き下ろし立ち絵のラフをそれっぽくまとめた画像なんすよ。
それにしてはなんかすげぇ面白そうな作品に見えますよね。



また、パレニアル紙単行本1,2巻の発売に際して、
いくつか特典付きとして扱っていただける書店があります。


・こみらの!参加書店
・三省堂書店
・アニメイト
上記3社は限定書下ろしイラストカードが付きます。
また、共通素材として1点書き下ろしがあります。

紙の本として発売されますので、書店にてお買い求めいただくのも
おつかもしれません。



皆様ふるってお買い求めください。
5万冊くらい。



FC2の新しいブログ記事編集画面にまだ慣れない。

どうも、群青ピズです。


最近自宅アパートの外壁塗装工事で

日中室内に充満する有機溶剤臭で頭痛やのどの痛み等、全然作業できません。

これ正しいのか? 


そんなわけで僕がいつも原画として関わっている、

tiramisuによるCG集ですが、令和3年9月24日に新作が出ました。 


 それがこちら。 

L_cover.jpg

好きな子がヤリマンだったから覗いてヒィコラ言うという作品です。
とんでもないですね。

初動の一ヶ月の売上本数によっては少し僕も儲かったりするので、
おびただしい量を買いましょう。




ここら辺の過去作もよろしく。

d_192292pr.jpgd_181191pr.jpg
d_160596pr.jpg
d_138566pr.jpgd_127224pr.jpg
d_117589pr.jpgd_107870pr.jpg
d_095342pr.jpgcover2_20151222173834232.jpg

特命係長 ただのジュブナイル

はいどうも、群青屋のピズです。 

 私が昔連載してた、くじらジュブナイルって知ってます? 
青春SFラブコメ4コマの傑作。

そのくじらジュブナイルが、なんとマンガ図書館Zで無料配信されています。
  lip112b.png
ぜひ読もうね!

合わせてPDF販売もされておりますので、きちんと保有したい方も安心。
kindleでの販売申請もしてあるので、そっちでもそのうち買えるんじゃない?

この作品は電子化されていなかったので、電子派の皆様も嬉し恥ずかし。
たくさん買おう!くじらジュブナイル!




で、せっかく過去の作品に触れる機会ができましたので、
ちょっと当時のことをいろいろ語ります。

まずこの作品が連載されていた、まんがタイムきららミラク。
既に休刊となってしまって寂しい限りですが、このくじらジュブナイルを含め、
僕は始まりの時期に連載させて頂いておりました。
2011年に増刊として生まれ隔月刊行、翌年に独立創刊して月刊化しました。

ビジュアル特化の作品群に、通常8ページの4コマ連載を
10~12ページに増やし、読み応えもアップ。そんな雑誌でした。

僕はミラクが立ち上がる前に、姉妹紙で一度読み切りを載せてもらっていました。
次の作品はどうしましょうかねぇ、とやってるときにミラクの話が来て、
あなたミラクでやりなさいよ、ということになったのです。

僕はこういう、立ち上げ直後の手探り時代が好きなのです。
何故なら前例がないから縛りが少ないというか、我を出せる感じがして。

初めての漫画執筆ということもあり、結構好きに描いた作品でした。

だからでしょうか。
今読み返すとほどほどに忘れているということもあり、普通に面白かったです。


ときどき話していますが、僕は仕事以外で漫画を描いたことがありません。
マジで原稿の仕組みだとかサイズだとか、そのレベルから勉強しつつ描いていました。
ちょうど僕が2011年4月からフリーランス絵描きになりましたので、
このミラク時代はいろんな意味で僕にとって最初の時期というイメージがあります。

このくじらジュブナイルの連載終了後、しばらく漫画から離れます。
別に離れたかったわけではなく、食べていくためのイラスト仕事に忙殺され、
すぐにお金にならない漫画の企画作業はフェードアウトしていったというわけです。

貧乏は漫画も描けないわけです。悲しいですね。

そこから数年、悶々としながらも仕事をこなしていると、
ある日また漫画を描かないか?とお声かけ頂き、パレニアルの連載につながっていきます。

別に気にしたことなかったですけど、今くじらジュブナイルを読み返すと、
パレニアルと共通するクセみたいなのがあって、これが作風ってやつなのだなぁと思いました。

そのセリフに至るまでのキャラの思考を明示しないとことか。


そんな感じです。

また何か漫画描けるように頑張ります。
チャオ。

最後の話の秘密の噂

どうも、群青ピズです。
油断して半袖でママチャリ冒険したら、腕真っ赤!


さて、僕がもりもりマンガボックスにて連載していました
『パレニアル』の単行本がでました。

令和3年6月25日発売の最新刊であり、最終巻の5巻です。

最後の事件となる第五の事件が終幕に向けて、突き進む。
そして遂に邂逅する百瀬と茉莉。
という感じです。
E3kfXC4UYAAXaKo.png
k153adena00907pl.jpgk153adena00960pl.jpg
51AKHjrb3JL.jpg51pp2ibe4xL.jpg

kindleで買う。

今回の表紙もデザイナーさんが頑張ってくれて、最良ですよね。


皆さん知っての通り、本作は電子のみの発売となりますので、
ご利用頂いているサイトにてお求めください。

また、いくつか事後報告になりますが、
このパレニアル5巻の発売に際し、マンガボックス以外では、
DMMブックスにて、6/11 先行販売として取り扱っていただきました。
ありがとうございます。


無事、パレニアルの連載も終わり、単行本最終巻も出ました。
おつおつ。





ここから雑談です。


このパレニアルという作品は、作中の空気感を邪魔したくなかったので、
作家として枠外から語るようなことは避けておりました。
ですがもう単行本も出たし、いいよな、ってことで語ります。

パレニアルの出発点は、
水道民営化をネタに大嘘つきたい、というものでした。
水道、水といえば人魚だよな。
人魚とセットなのは不老不死だよね。
不老不死描くなら、死を描かないといけない。
死、殺人を扱うなら、刑事が動きやすいよね。

みたいな感じで。
世界観を先に、キャラを後に作ったのですよ。

それのせいか、予想しない方向に
作中でキャラが育っていったなぁと思いました。
キャラを煮詰めてなかったからこそ、起こりえた、というか。


また、もう一点。
このパレニアルがストーリー漫画連載の初経験でした。

自分はアシスタントを使わずに完全ひとり作業マンなので、
この連載を機に、自分なりの作画の方向性を見つけたいと思っていました。

描き込もうと思えばどこまでも描けちゃうわけです。
でもそんなことやってたら全然終わらないわけです。
なので、作画カロリーが高くならない方向で、かつ陳腐にもならない落としどころ。
それを見つけたかったのです。

幸いなことに、その一歩目には到達できたのかな、と思っています。
ここは日々精進です。

というか、漫画ってやっぱ難しいよね。
今見れば、もっとこうしてたら、と思うとこも無きにしも非ず。

ただそれは、一本仕上げ切ったからこそ出てくる感想というか。
その時々には最良のモノを出していたんですけども。

ホントに日々精進ですね。



はい、そんな感じです。
細々語れるところはいっぱいありますけど、
あんま語りすぎるのもアレかなということで。



また、次の作品で会いましょう。

パレニアル、本日最終回!

どうもー、群青ピズです。

GW始まりましたね。
今仕事少なくてしっかり連休休めるのに
どこにも行けませんね。

さて、前回も申し上げた通り、
本日令和3年5月1日の更新をもって、パレニアルが完結致しました。

やりきったぜ!

単行本作業も、僕の担当部分はほぼ完了してますので、
問題なければ来月とかに最終巻が電子で出ます。

その時にまた。
プロフィール

群青ピズ

Author:群青ピズ
絵やら漫画やらをお金に変えてご飯を食べている。
いずれ無から金を生み出したい。

なんか用事があればこちらに記載の連絡先へお願い致します。

つぶやき
関わった作品とか










成人向け作品
 寄生触手男に寝取られ悶える家族  姉妹遊壊
 牝・束・縛  性騎士アテナ ―メス豚へと堕ちる戦女神―
 寝取られ彼女 ~義父の肉棒を咥え込む、愛する俺の彼女~
最新記事
カテゴリ
記事一覧
検索フォーム
僕のためのリンク!
管理用
RSSリンクの表示