fc2ブログ

■■■ コンテンツ & リンク ■■■   プロフィール  ■   イラスト保管庫  ■   pixiv  ■   FANBOX  ■

リンクはめがっさフリーよ。どんどん張って剥がして!
※事後、事前共に承諾必要ないです。

個人的に群青ピズを支援したい方はこちら

年末のパンイチ

どうも、喪中の群青ピズこと、ぐんピズです。


さて、マンガボックスにて好評連載中の
『千年戦争後の魔族たち~エンドロールジャーニー~』
電子単行本第1巻ですが、先月の先行販売から一か月。
ついに一般発売されました。
mp005.png

令和4年12月26日からです。

とりあえずKindleのリンク貼っておきましたね。



前回申し上げた通り、
ebookjapan、LINE漫画では特典画像つきにて取り扱って頂いておりますが、
一般販売に際して、BOOK☆WALKERでも特典画像付きになってます。
ベルデ_特典イラスト
下段のイラストです。
上段左がebookjapan、右がLINEマンガに収録されております。


なんというか、やっと1巻が一般販売開始か、長かったなぁという印象です。
連載的には現時点で2巻収録の最後の話を作り始めたところ、という感じなので、
自分が作っているところと単行本として世間に公開されたところが1冊分ずれてる。
これもまた、やっと発売かぁという気分にさせる要因かなと思います。

そしてこうやって、先行と一般で発売日が2回あると、
都度告知するのがめんどくさいなぁという気分でもあります。

てめぇの作品なんだから宣伝もがんばれよ、と言われればそうなのですが、
広報や宣伝、流通販売に関しては、出版社に任せてるからこそ、
こっちの取り分は10%だったりするわけなので、めんどくせぇものはめんどくせぇというもの。
だらだらしてるだけで500億部くらい売れねぇかなぁ。





で、ここからが雑談。

年末ですので何となく今年を振り買ってみましょう。

まぁ、さんざん告知しましたが
千年戦争後の魔族たち~エンドロールジャーニー~が連載開始したのが大きいですよね。

それ以外にもヤングジャンプで読切『アップサイド・ダウンタウン』で原作付きでやってみたり、
ヤングキングBULLでショートな読切を描いてみたり、漫画頑張ったな、という年でした。

そして自分の中で漫画で大事にすべきこととか、内面的な部分の答えもいくつか気づけた年でもありました。

世間のトレンドが移り変わったのか、僕がスケジュール的に断るのが増えたからか、
それとも値段高くてめんどくせぇ作家だからが、
DMM GAMESとかのイラスト案件はほとんど来なくなってしまいましたね。

来て断ってるってわけでなく、純粋に声がかからない。


それと作業環境の模索で迷走した一年でもありました。

2021年に別モデルから買い替えた液タブ、cintiq pro 24がどうもしっくりこなくて、
遊びで買ったwacom one13の使いやすさにびっくりしたところから、様々な液タブを買いました。

WacomからXP-PEN、huionと各社製品に手を出しました。

今年買ったリザルトは以下です。
wacom one13
cintiq16
XP-PEN artist16セカンド
huion kamvas pro 16(2.5k)
huion kamvas pro 24(4k)
cintiq pro 24
cintiq pro 24 (ストック用)

バカスカ買いすぎだし、当初持っていたcintiq pro 24は一度専用アームとかと合わせて売却したのに、
もう一度買いなおしてさらにストック用にももう一台買ったりして、恐ろしい話です。

24インチは使いづらいな、と当初思っていたのですが、16インチをメインに使い始めて、
24インチの使い方を体得していなかっただけだなと気づき、24インチに戻るという。
アームとかでなく、本体スタンドでしっかり机に置くのが僕は使いやすいみたい。
角度に関してはそのスタンドで丁度良く、立てすぎると肩を痛くしちゃうみたい。

しかも24インチに戻るとき、ベゼルが小さくて扱いやすそうなhuion製品を買ってみたけど、
不具合多くてダメでした。
ペンのサイドキーによる筆圧暴走、傾き検知限界付近の筆圧値の異常、スリープ復帰時のUSB再接続等、
恒常的に何か我慢しないと使えないのは僕的に多大なストレス。

cintiq pro 24に戻ることとなりました。

27インチの新型cintiq pro 27もいくか?とちょっと悩んだけども、
変に可変しないどっしりとしたスタンド方法どうするか問題が解決せず見送りでした。


今のところの総評として、
不満もなくはないけど、使っててどうしようもない不足や不具合はない
ワコム買っとくのが良いということに。
大嫌いなギラ粒は、もう仕方ないから我慢する、という結論に。

Artist16セカンドは、解像度が低いのと遅延が結構きつかった。
アンチグレアガラスではないのでギラ粒ないのが良かったけども、遅延が結構なストレスに。

huion系は上記の通り不具合が多い。ギラ粒もある。

ギラ粒対策、スマホ画面をガラスコーティングする液剤で
凹凸をなだらかにできないかと試したけどダメでした。
何百回とすげぇ厚塗りしたら変わるかもしれないけど。

コンパウンドで磨くのはどうかとも考えましたが、これは流石に手を出していません。
やっぱ液タブは元値が高いから不可逆な試験は腰が引ける。


他には身内の不幸があったことでしょうか。
なかなかにしんどいイベントでしたが、ようやく半年たって気持ちも落ち着いてきたというもの。

僕はストレスが溜まると金を浪費したくなる癖があるので、
今年の液タブ買いまくりは、これが一因な気もします。

まぁ、金で少しでも心の平穏が買えるのであれば、全然良いですよね。



そんな感じです。
来年も頑張りましょう。

では、グッバイ。
プロフィール

群青ピズ

Author:群青ピズ
絵やら漫画やらをお金に変えてご飯を食べている。
いずれ無から金を生み出したい。

なんか用事があればこちらに記載の連絡先へお願い致します。

つぶやき
関わった作品とか










成人向け作品
 寄生触手男に寝取られ悶える家族  姉妹遊壊
 牝・束・縛  性騎士アテナ ―メス豚へと堕ちる戦女神―
 寝取られ彼女 ~義父の肉棒を咥え込む、愛する俺の彼女~
最新記事
カテゴリ
記事一覧
検索フォーム
僕のためのリンク!
管理用
RSSリンクの表示